頻尿のみでも日常生活にさまざまな不都合が生じるので困りますが、女性の場合、特に頻尿と併発しやすいのが尿漏れです。尿漏れは加齢と共に尿道括約筋が弱まることで発症することが知られているのですが、頻尿(夜に起こる場合には、夜間頻尿ともいいますね)でも起きやすくなることが知られています。尿漏れは衣類を汚すことは勿論、周りへの臭いも気になるところです。また、外出先などではすぐに下着の交換などが出来るとは限らないのですから、尿漏れバッドなどを利用されている人も多いことではないでしょうか。しかし、出来れば尿漏れ自体をやめたいところわけです。頻繁に尿意を催しトイレに行っているにもかかわらず、尿漏れまで起きる為は本当に辛いことです。加齢による尿漏れの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)に尿道括約筋が弱くなってしまう事がある事でも知られているように、若い人でも尿道括約筋を鍛えることで尿漏れを減らし改善することが可能になります。筋肉を鍛えるのですのですぐに効果が出る訳ではありませんが、気を長くもって尿道括約筋を鍛える体操(オリンピック選手の男子の衣装が微妙だと思うのは私だけでしょうか)を継続的に随分改善されます。体操と言っても大したことではなくて、毎日なるべく何度か尿道を意識してひき締める→緩めるを繰り返し行う事によりす。これはいつでも簡単に出来る事ですから、出来るだけ毎日何度でも気づいた時に行うようにしてみてください。こうすることで、くしゃみ(急に冷たい空気を吸ったり、悪臭がした時にも起こることがあります)をした時などに起きてしまう尿漏れはかなり改善することができるでしょう。但し、頻尿(一回の尿の量が多い場合には、水分のとり過ぎが原因のことがほとんどでしょう。糖尿病の人が水分をとり過ぎた結果として頻尿になることもあります。尿崩症や慢性腎不全の場合もあるかもしれません)そのものは改善しないのですから、頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因で起こることもあります)は医師に相談する必要がありますー